引き寄せ入門

見えない世界を見るということ

見えない世界をみる

 

目に見えない世界のことを「みる」とは、実際の目で見えている世界のようなものが見えるわけではありません。

 

多くのスピリチュアリストたちは、感じる、直感、と言います。

 

その直感は、ほとんどがイメージです。

イメージの感じ方は人それぞれで、

  • 映像=イメージ
  • 言葉=聴覚
  • 匂い=臭覚
  • 色=視覚
  • 温度=触覚
  • 味=味覚

と言うように、私たちの五感を使って、やってきます。

 

自分の感覚を信頼する

 

ここで大事になってくるのが、自分の感覚を信頼する力です。

 

あいちゃん
あいちゃん
今、なんとなくあったかく感じたけど、これって正しいの?

 

私たちは、過去の教育のおかげで、つい正解を求めてしまいますが、感じ方は人それぞれなので、不正解はありません。

感じたことは、全て正解なんです。

 

いるま
いるま
そんなこと言われても、不安になりますよね・・・
無意識にあっているのか、答えあわせしたくなっちゃうんですよね
pika
pika
気持ちはわかるけどね
でも、やっぱり感じたことが全部正解なの
pomi
pomi
だから、最後はやっぱり自分を信頼するしかないのよ

 

信頼のために語彙力を増やそう

 

とは言っても、ですよね。

そこで、必要になってくるのが、感覚を言語化することです。

 

私たちは、地球に存在しているので、感じた感覚を言葉にすることで、見える化でき、頭で理解できるようになります。

 

感覚を言語化するためには、自分の感覚にピッタリの言葉が必要になりますね。

自分の感覚にぴったりの言葉は、一朝一夕では見つかりません。

 

日頃から意識をして、やってきた感覚を言語化するようにしてみましょう。

日々意識してやっていくと、慣れてきて、自然と語彙力が増えていきます。

語彙力が増えることで、より感覚と近い言葉で表現できるようになってくるので、まるで見えているかのように、表現できるようになるのです。

 

やってみよう!

 

Let’s Try

感覚を言葉にしてみよう!

より近い言葉を見つけて行くうちに、語彙力が自然と増え、感覚を的確に表現できるようになります。